2008年10月27日月曜日

賃貸併用住宅の貸し部屋はなんとか入居いただき、次はマンション売却



怒涛の新居完成から引越し、玄関前の労働力投入、ダメ工事もろもろ...。とにかくやること満載で、このサイトになにやら書き込むという気力がわかなかった。

おかげさまで、賃貸部屋に入居者様が引っ越していらっしゃり、「ひとつ屋根の下」で暮らすことになった。自分の家の一部分を人様にお貸しして、お金をいただくという自分としては、人生初の画期的な試みがスタートした。

家のつくり自体は、快適なのだが、残念ながら音の問題が出てきた。風呂の排水音が、賃貸部屋に響くのだ。工務店さんに風呂の配水管の調整をしていただいたが、排水音そのものを消すことはできない。

建築家によると、配水管は外壁にあるので、問題ないはずだが...というような説明があった。なんのかんの言っても、建築家は、自分の設計した家に住むことはない。実際の生活音を真剣に検証して、設計後の問題に対応して改良しようという機会は、あまりないし、そのような努力をすることは、ないのではないかな。そういうことにエネルギーと時間を費やしてもおそらく建築家の得にはならない。

ところが、住む人間は、そこから長期間の問題を抱えることになる。これを自分なりに解決していかなければならない。

地下から3階までを貫く螺旋階段も同じように、音の問題を抱えてしまった。忍者のような忍び足で昇り降りをしなければならない。

身体のインナーマッスルを鍛えるには良いかもしれない。

しかし、賃貸部屋を末永く維持していくためには、なんとか根本的防音対策を完成させなくてはならないようだ。

現在の最優先課題は、防音対策とマンション売却である。なかなか、ひとつのことに集中できる状態にはならない。一度にいくつものことができない不器用な自分にとっては、若干頭が痛い。

それでも「解決できない問題などない」という気構えで、アクションを起こしていきたい。
*銀行融資状況-スルガでアパートローンより住宅ローン借りて賃貸併用住宅の方が良い?

2 件のコメント:

たった さんのコメント...

たしかに内見したとき、地下は音が響くような気がしました。
防音を徹底することよりも店子さんに音に慣れて頂くことの方が現実的ではないでしょうか。
デメリットをメリットに変える一言を売り文句にして行くことのほうが良い気がします。

「地下は大きな音が出し放題」ということがキーワードでしょうか。

Akira Matsuda さんのコメント...

そうですね。たしか、外国人の方が部屋を見にいらっしゃって、音楽をガンガンならしたいので、地下の部屋に興味があったみたいです。

ただ、中で大きな音を出して、外にどれくらい響くのか、響かないのかは謎なので、これからの課題としたいと思います。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...