2009年2月3日火曜日

利子0%の融資制度-収益物件投資に応用可か?



こういうものを収益物件による不動産投資に応用すれば(できるかどうかわからない)昨今の貸し渋りに対応できるのではないか。などと妄想している。

以下、岡崎よしあきさんのサイトからまんま転載。

----------------

利子0%の融資制度(誰も知らない)


昨日の昨日、セミナーの懇親会で話をして、
案外知っている人がいなかった融資制度に
利子0%の融資制度というのがあります。
講師の滝井さんすら知らなくて
あまりの驚きに、めんたま100メートルぐらい
すっとばして、それが返ってきたときの反作用で、
バイキングの料理めがけてジャーマンスープレックスを
くらわしそうになったのですが、
0%融資の話は多分、知っておくと何かといいかもしれないので
お伝えしておきます。

知ったのは、三鷹市の広報誌でした。
0%のやつはひとつだけでしたが、
1%前後のやつはほかにもいくつかあります。

三鷹市だけの制度なのか
日本全国で名前は違えど似たような制度があるのか
分からないのですが

三鷹市の例で言いますね。

特定不況対策緊急資金融資あっせん制度
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/a002/p020/g06/d02000028.html

と言います。
あっせんぐらい、漢字で書かないんでしょうか。

斡旋ですよね。

三鷹市民の皆さんは漢字が苦手だから
ここは、ちょっとおまけして、ひらがなにしましょ
と、市役所のやさしいおかぁちゃんが書いておいてくれたのか、

はたまた、原稿手書きで書こうとしたら、分からなくなって
そのままめんどくさくなって、いいや、だしちゃえと
まるでレジメ製作中の菅野君みたいな人が
はっちゃけたのか、分からないですが。

0%融資の話です。


で、この特定なんとかという融資制度は
利子0%で借りれます。

信用保証料も
融資利率も全部、市が受けますというもの。

限度額は800万円。
返済期間は6年。
運転資金です。

設備ではなく運転ですね。
借りやすさが違うのかな。よくわからんです。

借金したことないので。
借りる必要がなかったのではなく
誰も貸してくれない、ということなので。

で、


対象者なのですが

1.売り上げが10%以上減少し

2.国の緊急保証制度の指定業種に該当


することが条件です。
で、この緊急保証制度の指定業種というのがこちら

緊急保証制度の指定業種(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2008/download/081209ListGyoushu698.pdf


みている限り、
まぁ、アコギな商売でなければ大体いけるんじゃないかと思います。

私は

476 情報提供業
479 出版業
665 広告制作業
691 広告代理業

あたりかなぁと。

今のところ、必要性なしではありますが。

無利子なのだから
とりあえず借りて、おいておいて
返すだけなんてのもありかとは思います。
この時代、チャンスだらけなので、資金はあるに
こしたこたーないでしょう。


とりあえず、情報でした。

-------------転載終わり

関連記事

賃貸併用住宅建築は投資にはならないが純粋にマイホームなら何とか

スルガ銀行で住宅ローンを借りて賃貸併用住宅を建築するのはサラリーマンにお勧めできる?

賃貸併用で住宅ローン使って建てた物件は売りの時に苦しいのでは

賃貸併用住宅でオーナーが上に住むのは間違った構造

賃貸併用住宅を運営するメリット・デメリットを業者さんに学ぶ

賃貸併用より自己所有アパートに住む方が不動産投資としては儲かる

賃貸併用住宅で稼ぐためには工務店とやりあう覚悟が必要

賃貸併用住宅で稼ぐためのハードルは高い

銀行融資状況-スルガでアパートローンより住宅ローン借りて賃貸併用住宅の方が良い?

1 件のコメント:

たった さんのコメント...

知らなかったです。
勉強になりました。

ちょっと挑戦してみようかと思います。

とりあえず自分の住んでる地域で探して見ますね。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...